ここから本文です

「茶輪子」始動 サイクリングで大井川流域の魅力発信 島田市

4/17(水) 8:59配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 島田市は2019年度、スルガ銀行サイクリングプロジェクトなどと連携して大井川流域のサイクルツーリズムの魅力を記事や写真で発信する企画「茶輪子(ちゃりんこ)」を開始した。SNSを通じて9月まで推奨コースや観光スポット、食などを継続して紹介する。16日に第1弾の撮影を行った。

 この日は大井川鉄道を利用したサイクリングがテーマ。市職員らがモデルとなって諏訪原城跡などを訪れた後、輪行袋に自転車を入れて大井川鉄道に乗車。家山駅で下車し、再び自転車で周辺を散策する様子を収めた。大鉄職員から駅舎の説明を受け、三浦製菓やマルイエ醤油川根本家など老舗も訪れた。

 二輪車用部品開発・販売の「デイトナ」(森町)が手掛ける電動式折りたたみ自転車を活用し、初心者でも挑戦しやすいコースを提案した。

 コース情報をプロジェクトのSNSで自転車愛好者らに発信し、市と連動して交流人口拡大に努める。市の担当者は「点在する観光名所も自転車なら気軽に楽しめることをアピールしたい」と話した。

静岡新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事