ここから本文です

【マイラーズC】インディチャンプ豪快 馬なりで4馬身突き放す

4/17(水) 17:10配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 前走の東京新聞杯で重賞初制覇を果たした後は短期放牧へ。帰厩後はここを目標に順調に調教を消化してきた。

 先月28日に坂路で4F52秒2と速い時計を出すと、翌週には51秒7。先週は福永が騎乗して52秒1と3週連続で好時計をマークと、乗り込みの質はかなり高い。

 けさも福永が手綱を取って併せ馬。2F過ぎで馬体を併せると、相手が1F手前で仕掛け出したのとは対照的に、ラストまで馬なりで楽々と突き放して4馬身の先着だ。

 時計は4F52秒7―12秒5。これでも追えばまだまだ時計は詰まった余韻は十分に感じられた。

 もともと休み明けは苦にしないタイプだが、今回の仕上がりも文句なしといっていい。重賞連勝へ態勢はできている。

○…福永は「きょうはもうそんなにハードにいらない。先行馬を見ながら行って、最後も余力があったね。息遣いがいいし、太めもない。いい状態で出られそう」と好感触を伝えた。「以前と比べてトモの張りとかが全然違う。一段階レベルアップしている。胸を借りる立場だけど、どれだけやれるか楽しみ」

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事