ここから本文です

アップルとクアルコム、特許訴訟で全面和解

4/17(水) 7:58配信

時事通信

 【シリコンバレー時事】世界各地で知的財産権をめぐる訴訟合戦を繰り広げていた米IT大手アップルと半導体大手クアルコムは16日、全面和解したと発表した。

 両社は新たな特許使用料の支払い条件で合意し、アップルはクアルコム製半導体の調達を再開する。これとは別に、アップルはクアルコムに金銭を支払うが、金額などの詳細は明らかにされていない。

 アップルは2017年1月、携帯用半導体の特許使用料が不当に高額だとして、クアルコムを提訴。部品供給業者とともに、クアルコムに対する特許使用料の支払いを拒否した。スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」用部品の調達対象からクアルコム製半導体を外すなど対立を深めていた。 

最終更新:4/17(水) 8:06
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事