ここから本文です

AppleとQualcomm和解で、Intelがスマホ向け5Gモデムから撤退

4/17(水) 10:24配信

Impress Watch

 Intelは16日(現地時間)、スマートフォン向けの5Gモデムビジネスを終息させると発表した。PC向けの4G/5Gモデムビジネス、IoT、その他データセントリックデバイスについての事業機会に関する評価も終了するが、5Gインフラに関する投資は続ける。

 既存のスマートフォン向け4Gモデムのビジネスについては継続する予定だが、2020年に予定していたスマートフォン向け5Gモデム製品はキャンセルとなった。

 IntelのBob Swan CEOはリリースのなかで、「5Gはクラウド化に向け新たな機会を創出することに期待しているが、スマートフォンモデムビジネスについては採算や良い見返りが得られそうな明確な道筋はない」と表明している。

 折しも同日に、QualcommおよびAppleは、これまで争われてきた特許に関する訴訟についての全面和解を発表している。AppleはQualcommに対して賠償を支払うとともに、2019年4月1日より両社間で6年に渡る長期ライセンス契約、および2年の延長オプション契約を締結し、QualcommがAppleに対しチップセット製品供給を行なう。

 AppleはQualcommからの特許侵害に関する訴訟を受け、しばらくiPhoneのモデムにIntel製品を採用していたが、Qualcommとの和解により、Intelがモデムビジネスに入る余地がなくなったと見ていいだろう。

PC Watch,劉 尭

最終更新:4/17(水) 10:37
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事