ここから本文です

約1.7万円、AZLAのエントリーイヤフォン「オルタ」。音波の直進性を徹底

4/17(水) 11:00配信

Impress Watch

アユートは、AZLAブランドのエントリーイヤフォン「ORTA(オルタ)」を、4月20日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は16,980円前後(税込)。カラーはShiny Silver、Abyss Blueを用意する。

【この記事に関する別の画像を見る】

上位モデルで培った独自テクノロジーを使い、価格を超えたハイクオリティサウンドを提供するというダイナミック型のイヤフォン。

8mm径のダイナミック型ユニットを採用。40μ厚のアルミ合金製振動板を使った、独自開発の「ALCドライバー」となっている。このユニットから発せられる音波の直進性をキープしているのが特徴。反射による干渉で生じる歪みを抑制し、音波伝達のロスを最小限に抑えるというALC(アクティブロスコントロール)テクノロジーを採用した。

各種パーツの角度や形状だけでなく、アコースティックチャンバーの内容積やノズルのサイズなど、全てが緻密な計算のもとに設計されたという。

ユニットはこのALCテクノロジーでの使用を前提に、分割振動を抑制し徹底した低歪設計を採用。クリアで正確な音楽再生を実現するという。搭載した2つのベントポートがインナーチャンバーハウジング内で音響特性を活かし、さらにクリアな再生ができるとする。

アコースティックチャンバー内では、接着剤を使わずに、共振抑制効果のあるUVコーティングでALCドライバーを固定。さらに アウターハウジングと分離する事で、外部振動からもドライバーを保護。ドライバーへの悪影響を徹底的に防ぎ、ALCドライバーのポテンシャルを最大限引き出したという。

入力感度は105dB、インピーダンスは26Ω±10%。周波数特性は8Hz~40kHz。シルバーコーティングのOFCケーブルと、通常のOFCケーブルを組み合わせた、ハイブリッド4芯構造のケーブルを採用。個々のケーブルをポリウレタン樹脂で絶縁コーティングし、シース素材はエラストマーを採用した。

プラグは2.5mmバランスで、3.5mmへの変換ショートケーブルも付属する。ケーブル着脱も可能で、端子はMMCXを採用。通常の装着スタイルに加え、耳掛けで装着することもできる。ケーブルを含めた重量は約20g。

■イヤーピースは新開発の「SednaEarfit Light」

イヤーピースは、共振による音質劣化を抑え、特に高域の表現力を最大限引き出す「SednaEarfit」の素材やシェイプはそのままに、傘部の柔軟性を高めて耳道への負担を軽減した新開発の「SednaEarfit Light」を同梱。6サイズ付属する。

なお、このSednaEarfit Lightは単品でも4月20日に発売する。価格はオープンプライスで、直販価格はS/M/Lの各1ペアセットで1,380円(税込)。Lサイズ2ペア、ML×2ペア、M×2ペア、MS×2ペア、S×2ペア、SS×2ペアも、直販各1,180円(税込)でラインナップする。

■音を聴いてみる

AZLAのイヤフォンと言えば、ドライバーを内包したユニットを、ポリカーボネートの透明なシェルで覆うエアフロー技術「Infinity sound technology」が特徴的だが、エントリーイヤフォンの「ORTA」には使われていない。

ただし、前述のように、ベントポートを活用してクリアな再生を実現したり、ドライバーとアウターハウジングを分離して、余計な振動を伝えないようにする構造など、AZLAらしい高音質へのアプローチはこのORTAからも感じられる。

サウンドはどちらかというと「HORIZON」に近く、ニュートラルなバランスだ。音の特徴として、最もよく感じるのは、サウンドが非常に生々しく、ダイレクト感がある事。伝達のロスを最小限に抑えるALCテクノロジーの効果なのだろう、細かな音まで、クリアかつシャープに聴き取れる。

逆に言えば、音場を広く、ふわっと再生させるイヤフォンとは傾向が少し違う。モニター寄りのイヤフォンと言えるだろう。情報量の多さ、雑味の少なさという面では、上位機種の魅力を踏襲しているエントリーと言えそうだ。

登場したばかりでエージング不足という面もあるが、音色はやや硬質で、冷たい響きを感じる。長時間使い続けると、この金属質な音色もこなれて、ちょうど良い塩梅になるかもしれない。

AV Watch,山崎健太郎

最終更新:4/17(水) 11:00
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事