ここから本文です

現職と元軍人の一騎打ち=大統領選の投票開始-インドネシア

4/17(水) 9:43配信

時事通信

 【ジャカルタ時事】インドネシア大統領選の投票が17日午前(日本時間同)、始まった。

【図解】インドネシア大統領選の立候補者

 現職のジョコ氏(57)と、陸軍特殊部隊の元司令官で最大野党グリンドラ党の党首、プラボウォ氏(67)の一騎打ちで、即日開票され大勢は夜にも判明する。

 大統領の直接選挙は2004年に導入され、今回が4回目。前回14年の大統領選でも同じ2人が戦い、接戦の末、「庶民」出身のジョコ氏が53%の得票率で勝利した。

 再選を目指すジョコ氏は、国内で最も強い影響力を持つイスラム団体のトップだったマアルフ氏(76)を副大統領候補に指名。これに対し、プラボウォ氏は、大手複合企業の創業者で、前ジャカルタ特別州副知事のサンディアガ氏(49)を副大統領候補に選んだ。 

最終更新:4/17(水) 14:13
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事