ここから本文です

競走馬のヒシアマゾン死ぬ エリザベス女王杯などG1で2勝

4/17(水) 17:38配信

毎日新聞

 1994年エリザベス女王杯などG1を2勝し、アメリカでけい養されていたヒシアマゾン(牝馬・28歳)が現地時間の15日夜、老衰のため死んだ。

 ヒシアマゾンのオーナーだった阿部雅一郎氏の長男雅英氏は、「日が沈みかけ薄暗くなった放牧地で静かに息を引き取ったという報告を受けた。たくさんのファンに愛された幸せな馬だった。彼女の娘を繁殖牝馬として所有しているが、彼女の名前を思い出させるような馬をターフで走らせることが、使命だと感じている」とコメントした。

 ヒシアマゾンは父シアトリカル、母ケイティーズ。94年のクイーンカップからエリザベス女王杯まで重賞6連勝の快挙を成し遂げ、その年の有馬記念で2着と好走。3年連続でJRA賞最優秀牝馬を受賞した。

最終更新:4/17(水) 17:38
毎日新聞

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事