ここから本文です

富山でサボテン愛好家の展示会 1年間の成長を比較する「競作の部」も /富山

4/17(水) 13:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 「第61回 富山サボテン会展示会」が4月27日・28日、「市民プラザ」(富山市大手町6、TEL 076-493-1313)2階アトリウムで開かれる。(富山経済新聞)

小さなピンクの花をつけた「かぐや姫」

 サボテン・多肉植物愛好家が集う「富山サボテン会」は1958(昭和33)年に創立。現在43人が在籍する。

 展示会は設立年より毎年開いている恒例行事で、会員が栽培したサボテン・多肉植物合わせて約150作品が並ぶ予定。会場内には会員による販売コーナーや相談コーナーも設けている。

 会員の金原英子さんは「サボテン・多肉植物はさまざまなフォルムや色彩で鑑賞価値がとても高いのが特徴。特にサボテンは、想像もつかないような美しい花を咲かせるので見ていただきたい」と話す。「今回は同じ種類の苗を会員おのおのが持ち帰り、1年間育てて展示する『競作の部』も設けた。ベテランから栽培歴の浅い若手会員の作品を比較できるのも楽しみの一つにしてもらえれば」と呼び掛ける。

 開催時間は9時~17時(28日は16時まで)。入場無料。

みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事