ここから本文です

新潟のAccendereがiaku「粛々と運針」に挑む

4/17(水) 12:35配信

ステージナタリー

Accendere「粛々と運針」が、5月1日から3日まで新潟・りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 スタジオAで上演される。

【写真】Accendere 第4回公演「粛々と運針」チラシ裏(メディアギャラリー他2件)

2016年旗揚げのAccendereは、新潟で活動を行う演劇製作集団。第1回公演では野田秀樹脚本「半神」、第2回公演では谷賢一翻訳「プルーフ/証明」、第3回公演では前川知大作「太陽」に取り組んできた彼らが、今回はiakuの横山拓也による「粛々と運針」を、岡田康之を中心としたメンバーの演出で立ち上げる。

終末期医療にかかる母親をどう看取るか悩む兄弟と、望まぬ妊娠に戸惑う夫婦。劇中では、2つの家庭の“命”についての価値観がクロスオーバーしていく。なお今回の公演では、オリジナルの脚本上関西弁で書かれているセリフが、一部、新潟の方言に変更される。

■ Accendere 第4回公演「粛々と運針」
2019年5月1日(水・祝)~3日(金・祝)
新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 スタジオA

作:横山拓也
演出:岡田康之+Accendere
出演:内藤陽介、和泉久雪、吉田わかな、岡田康之、先川史織、中島まなみ、三浦真由、今井美沙子

※先川史織、中島まなみ、三浦真由、今井美沙子はWキャスト。

最終更新:4/17(水) 12:35
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事