ここから本文です

「桜ミク」が弘前駅に登場=青森県弘前市〔地域〕

4/17(水) 10:30配信

時事通信

 青森県弘前市などが主催する「弘前さくらまつり」の開催に先駆け、JR弘前駅中央口では公式応援キャラクター「桜ミク」をデザインしたシールや看板が登場し、まつりをPRしている。まつりは20日から5月6日まで弘前公園で開かれる。

 桜ミクは世界的人気を誇るバーチャルアイドル「初音ミク」から派生したキャラクターで、今年3月に公式応援キャラクターに就任。まつりが100回目を迎える2020年度まで、ポスターやフライヤーへの掲載などさまざまなコラボレーション企画を展開し、誘客を図る。

 弘前駅中央口の自動ドアに貼られているシールには、桜ミクのほかに、桜や弘前城のイラストがあしらわれている。市観光課の担当者は「まつりの機運を高め、観光客の目に留まれば。自動ドアには毎年装飾を施しているが、今年は桜ミク効果で、これまで興味がなかった人も関心を寄せてくれている」と話している。 

最終更新:4/17(水) 13:41
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事