ここから本文です

夏の甲子園で暑さ対策 場内通路にエアコン増設など

4/17(水) 18:14配信

毎日新聞

 今夏の第101回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の第2回運営委員会(委員長=八田英二・日本高野連会長)が17日、大阪市内で開かれ、場内通路のエアコンの増設など新たな暑さ対策を発表した。

 アルプス席や外野席の場内通路のエアコンを12台増の28台としたほか、各入場門に扇風機や内野デッキの入り口にミスト噴射機を設置するなど約7000万円かけて改修した。

 開会式で選手や吹奏楽の高校生ら参加者全員に飲料を持たせて式典の途中で給水時間を設けるほか、大会本部などの判断で試合中に給水や休憩の時間を取るなど昨年実施した取り組みは継続する。

 また昨年、発売後、即完売となったバックネット裏の「中央特別指定席」の販売方法を先着順から抽選に変更する。【安田光高】

最終更新:4/17(水) 18:46
毎日新聞

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/24(水) 9:05

あなたにおすすめの記事