ここから本文です

<響け!ユーフォニアム>劇場版「誓いのフィナーレ」 久美子は中間管理職? 演奏に一体感を 石原監督に聞く

4/19(金) 7:20配信

まんたんウェブ

 アニメ「響け!ユーフォニアム」の新作劇場版「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」が19日公開された。2015年にスタートしたテレビアニメ第1期から同作を手がけるのが「涼宮ハルヒの憂鬱」「中二病でも恋がしたい!」などでも知られる京都アニメーションの石原立也監督だ。新作では、主人公で北宇治高校吹奏楽部の黄前久美子が2年生になり、後輩に振り回されながらもコンクールに挑む姿が描かれている。久美子を「中間管理職のようなんです」と語る石原監督に、新作について聞いた。

【写真特集】久美子、巻き込まれすぎ 可愛いが個性的すぎる後輩 美しい麗奈 リボン先輩も 先行カットを一挙公開

 ◇楽器は簡単に描けるものではない

 原作は武田綾乃さんの小説。「けいおん!」などの京都アニメーションが制作。北宇治高校吹奏楽部を舞台に、新任顧問の滝昇の厳しい指導の下、ユーフォニアム担当の黄前久美子ら吹奏楽部員の成長する姿が描かれている。テレビアニメ第1期が15年4~6月、第2期が16年10~12月に放送された。

 第1期スタートから約4年がたった。石原監督は「まさか!ですよ。こんなに続くとは思っていませんでした。とにかく楽器が大変なので、続けることができるのかな?と思っていました(笑い)。冗談ですよ」と話す。作品は演奏シーンが見どころの一つになっているが、石原監督はテレビアニメ第1期の放送が始まる前、楽器を描く難しさについて語ったことがあった。

 「楽器は描き慣れても簡単に描けるものではないんですよ。吹奏楽部は全国にたくさんあって、吹奏楽経験者も多い。アニメだといってウソはつけないですし、緻密に描かないといけない。吹奏楽部は高校の部活の中でも人数が多い。団体競技ですよね。音が一つになった時の一体感が魅力。難しいけど、面白いですね。演奏シーンに力を入れています」

 劇場版は迫力のある演奏シーンを楽しめる。「テレビシリーズも頑張っていましたし、負けないようにしています。細かいカット割りをしているところもあったり……」と特に力を入れた。

1/2ページ

最終更新:4/19(金) 7:20
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事