ここから本文です

Twitter、「会話の健全性」向上のため、“リプライを非表示”機能を検討中

4/17(水) 8:43配信

ITmedia NEWS

 米Twitterは4月16日(現地時間)、2018年3月から取り組んでいる「会話の健全性」向上の取り組みの成果と今後の予定について説明した。

 予定の1つとして、ユーザーが自分のツイートに付けられたリプライを非表示にできるようにするという。非表示になったリプライは、メニューオプションで表示することもできる。この機能は2月末にTwitterがテストしているのを個人開発者のジェーン・マンチュン・ウォン氏が紹介していたものだ。

 ウォン氏が紹介した機能のテスト画像では、オプションメニューに「<アカウント名>のツイートを隠す」と「隠された<アカウント名>のツイートを見る」という項目が追加されている。

 Twitterの健全性担当上級プロダクトマネジャー、ミッシェル・ヤスミン・ハク氏は自身のTwitterアカウントで2月、興味深い会話を展開してくれるユーザーはTwitterにとって非常に大切なので、ユーザーが健全な会話を保てるよう支援していきたいと語り、リプライ非表示はその一環だと説明した。

 ユーザーはこれまで、不適切なリプライを付ける人をブロック、ミュート、報告することで対処しているが、ブロックとミュートはブロックしたユーザーの体験を変えるだけであり、報告はTwitterポリシーに違反したコンテンツにのみ有効なため、不十分だとしている。

 この機能は、6月からテストを開始する予定だ。

ITmedia NEWS

最終更新:4/17(水) 8:43
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事