ここから本文です

【コラム】私たちが被っている仮面=韓国

4/17(水) 17:17配信

中央日報日本語版

本当の自分はどんな姿だろうか。最近浮上しているキーワード「ペルソナ」を見て思った。歌手IU(アイユー)さんが主人公のNetflix(ネットフリックス)オリジナル短編映画も、韓国はもちろん英米圏チャートを席巻している防弾少年団(BTS)のニューアルバムも、まるで謎を投げかけるかのようにペルソナを語った。自分はこういう仮面を被っているが、あなたはどんな仮面を被っているのかと問うように。

心理学者カール・グスタフ・ユングが提示した分析心理学用語が日常に浸透しているのには理由がある。ただカメラの前に立つ芸能人でなくても仮面が必要な瞬間が多くなったからだ。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)だけ見てもそうだ。かろうじてフェイスブック・ツイッター・インスタグラム・ユーチューブ時代に適した人格を備えているとすれば、これからは「TikTok(ティックトック)」用も必要だ。15秒動画の世界では「クルジェム(きわめて面白いもの)」だけが生き残る。

このように「自分」を見せる場所は多くなったが、肝心の自分について探求する機会は減った。すでに正解が決まっている社会で好みまで強要されているからだ。SNSに上がってきた有名な美味しいお店に行って投稿した写真を見るとメニューはもちろんのこと、角度まで全く同じだ。ユングによると「自我と意識は生まれ育ち教育を受ける文化的世界によって形成される」というが、自我まですべて同じになるとすれば、とても恐ろしくないだろうか。

カナダの歌手ジャスティン・ビーバーさんが『Love Yourself』(2015)を歌い、防弾少年団が「Love Yourself」シリーズ(2017~2018)を出したのは偶然だろうか。いや。世界中が同じ文化圏に成りつつある状況で必要な話題が同じだからだ。話題が不在に乗じて花咲くことを考えれば必然に近い。自らを愛するために自身をさらに深く覗き見るのも自然な流れだ。実践が難しいだけだ。

最近、他のSNSの代わりに目標達成アプリ「チャレンジャーズ」を度々覗いているのもそのためだ。「週3日ジムに行くこと」「1日1回空を見ること」など、些細な目標にも参加費を出して挑戦する。毎日’認証ショット(証拠写真)’を撮って投稿すれば、少なくとも自分がなりたい自分と今の自分の間の隙間を減らす感じというか。見栄よりは汗の雫に満ちている。それも「一生懸命に生きている私」という仮面かも知れないが。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事