ここから本文です

爆問・太田、ぜんじろうとの直接対決流れる 仕事で台湾「スケジュール考えろ」

4/17(水) 11:13配信

デイリースポーツ

 爆笑問題の太田光が16日深夜に放送されたTBSラジオ「JUNK爆笑問題カーボーイ」に出演。呼び捨て問題で騒動になっているお笑い芸人・ぜんじろうにオファーを出したにも関わらず、ぜんじろうのスケジュールが合わずに直接対決が流れたことに「自分のスケジュールぐらい把握しろ」と喝破。そして「もうやめたい」「これ以上引っ張る話じゃない」など呆れ気味に語った。

 太田は自身が出演するテレビ番組で、この日のラジオ番組での直接対決を呼び掛け、ぜんじろうもツイッターで「ラジオで決着をつける」などやる気をみなぎらせる言葉をつぶやいていた。

 だがフタを開けたら、ぜんじろうは不在。太田は「てめえ、この野郎、本当にさあ、勘弁してくれよ」と切り出し「あいつに対して何を怒ってるのか分からなくなった」と発端からかなりの時間が経過し、テンションも下がっている様子。

 太田は騒動後からぜんじろうのツイッターを見ているといい、そのツイッターでラジオへ行くという意思表示があったことから、出演を期待していたが「昨日聞いたら、台湾にいますって。来るっていうなら、こっちの(ラジオ放送日や)お前のスケジュールとかちゃんと考えて。吉本のせいじゃないと思うよ」とバッサリ。ぜんじろうは現在アジアツアーの最中であることをツイッターで明かしており、以前からスケジュールは決まっていたと思われる。

 太田は「(アジアツアー)立派なもんだと思うけど、そのぐらいのスケジュール把握してるだろ?こっち火曜日だって分かってるだろ?それでやろうと言ったら台湾だと。もう止めたくて止めたくて。これ以上引っ張る話でもない」と呆れたようにコメント。

 それでも「一週間引っ張るのもきついが、サンジャポからオファー出してます」とあと1回だけ直接対決の可能性があると説明。これで実現しなかったら「おれはMCやってるけど、俺にキャスティング権はない」「番組がいい加減にしろってなったら来週も呼べるか分からない」とも訴え「宮本武蔵じゃないんだから。巌流島で待ちぼうけ食らってる状態」ともコメント。「来週呼ぶかどうか。せいぜい来週までです」と最後通牒を突きつけていた。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事