ここから本文です

NSSOL、AI開発プラットフォーム「KAMONOHASHI」をOSS化、GitHubで無償公開

4/17(水) 11:59配信

Impress Watch

 日鉄ソリューションズ株式会社(以下、NSSOL)は16日、AI開発プラットフォーム「KAMONOHASHI」を、5月からオープンソースソフトウェア(OSS)として無償公開すると発表した。

 KAMONOHASHIは、NSSOLシステム研究開発センターが開発した、ディープラーニングをはじめとするAIの統合開発プラットフォーム。モデル設計や学習に加え、複雑な環境構築・計算リソースの確保・膨大なデータや試行錯誤履歴の管理など、多くの副次的な作業を効率化・自動化することにより、AIエンジニアがモデル設計やコーディングに集中できるAI開発環境を実現する。

 KAMONOHASHIは、約20件のAI開発プロジェクトに採用されたほか、大手メーカーのプロジェクトにて2年以上実用され、AIエンジニアの育成・引き継ぎにも活用、NSSOLのAIエンジニアのパフォーマンスを最大化し、世界最大規模の機械学習コンペティション「Kaggle」で世界6位入賞に貢献するなど、2016年から約3年間にわたって、社内外のAI開発プロジェクトの効率化・高度化に寄与してきたという。

 NSSOLでは今回、KAMONOHASHIをApache 2.0ライセンスでOSSとして公開することを決定。KAMONOHASHIを用いた快適なAI開発プロセスを提供することで、世界中のAIエンジニアが、既存の汎用的なモデルでは実現できない、高精度のAIを開発することを支援するとしている。

 5月より、GitHubにおいてソースコードの公開を行い、フィードバックを元に、継続的にKAMONOHASHIの機能強化を進めていくとしている。

クラウド Watch,三柳 英樹

最終更新:4/17(水) 12:37
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事