ここから本文です

電動夏子安置システムが表現の自由を問う「尾を咥えたり愚者の口」

4/17(水) 13:39配信

ステージナタリー

電動夏子安置システム「尾を咥えたり愚者の口」が、5月7日から12日まで東京・駅前劇場で上演される。

【写真】電動夏子安置システム 第40回公演「尾を咥えたり愚者の口」チラシ裏(メディアギャラリー他1件)

脚本を竹田哲士、演出を中村公平が手がける本作では、表現の自由をテーマとした群像喜劇が展開。もともと純文学作家であるはずの嵯峨光隆は、趣の異なる3本の原稿を前に、どういうジャンルの作家なのか自分でもわからなくなっていた。仕事場に押しかけた各出版社の編集者たちは、それぞれの担当作品について理不尽な修正を要求し、続きの執筆を催促する。彼らの要求には、世間の声を過度に勘案した自主規制が垣間見えて……。

なお、5月9日15:00回および11日17:00回ではゲストを招いてのアフターイベント、5月10日19:30回では抽選でプレゼントが贈られる“金夜くじ”、千秋楽の5月12日16:00回では小道具即売会が終演後に行われる。

■ 電動夏子安置システム 第40回公演「尾を咥えたり愚者の口」
2019年5月7日(火)~12日(日)
東京都 駅前劇場

脚本:竹田哲士
演出:中村公平
出演:小原雄平、道井良樹、なしお成、新野アコヤ、片桐俊次、坂本ともこ、吉岡優希
/ 小林知未、下平久美子、廣瀬響乃、熊坂貢児、小泉智雅、緑川大陸、ドロンズ石本

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事