ここから本文です

日系アメリカ人監督が慰安婦問題を検証・分析、ドキュメンタリー「主戦場」公開

4/17(水) 14:00配信

映画ナタリー

慰安婦問題を巡る論争をあらゆる角度から検証、分析したドキュメンタリー「主戦場」が4月20日より、東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

【動画】「主戦場」予告編(メディアギャラリー他16件)

日系アメリカ人の映像作家でYouTuberのミキ・デザキが監督、脚本、撮影、編集、ナレーションを担当した本作。デザキは慰安婦問題における論争の中でさまざまな疑問を抱き、日本、韓国、アメリカで渦中の人物たちを訪ね回った。そして膨大なニュース映像と記事を分析し、イデオロギー的に対立する主張の数々を反証させ合いながら、論争の裏に隠された“あるカラクリ”を明らかにしていく。

映画には元朝日新聞記者の植村隆、弁護士でタレントのケント・ギルバート、憲法学者の小林節、政治ジャーナリストの櫻井よしこ、衆議院議員の杉田水脈、“テキサス親父”として知られるトニー・マラーノ、政治学者の中野晃一、「帝国の慰安婦」を著した日本文学者のパク・ユハ、歴史学者の吉見義明、韓国挺身隊問題対策協議会の代表ユン・ミヒャン、女たちの戦争と平和資料館の事務局長・渡辺美奈らが登場する。

YouTubeでは本作の予告編が公開中。公式サイトには、ドキュメンタリー作家の森達也と想田和弘がコメントを寄せている。



(c)NO MAN PRODUCTIONS LLC

最終更新:4/17(水) 14:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事