ここから本文です

和スイーツもりだくさんの3段ハイティースタンド! 浦安ブライトンホテル東京ベイの新作アフタヌーンティーレポ

4/17(水) 11:57配信

ねとらぼ

 春になると食べたくなる抹茶スイーツ。浦安ブライトンホテル東京ベイのロビーラウンジ「シルフ」では、和スイーツが盛りだくさんの“和と洋のマリアージュ”をテーマにしたアフタヌーンティーがスタートしています。3段のハイティースタンドに和スイーツプレートと豪華絢爛なアフタヌーンティーセットを実食レポートします。(写真は2人分です)

【画像17枚】アフタヌーンティーフォトレポート

期待が高まる初めの一皿

 Small Appetizerとしてまず提供されるのがコンビーフとジャガイモをパテ風にしたブルスケッタです。マッシュされたジャガイモにコンビーフの脂が混ざりあい、滑らかな口触りとなっています。トマトの酸味が食欲をそそる、空腹で来店した1皿目にちょうどいいサイズ感と塩味です。これからの3段+和プレートを迎え入れる胃の体勢をつくってくれます。

フィンガーサンドイッチは味わい楽しい3種類

 下段のサンドイッチプレートはキュウリのマリネとチーズ、スモークサーモンとアスパラガスのサンドイッチ、シューサレ 生ハムとリコッタチーズです。伝統的なアフタヌーンティーらしいキュウリのサンドイッチがついているのはうれしい!(豆知識:イギリスにおいては、キュウリを栽培し、新鮮な状態で提供するというのは財の象徴だったそうです)

 そんな伝統を守りつつ、シューサレといった新しいものも一皿に並んでいます。こちらはプチシューのほんのり甘い皮に生ハム、リコッタチーズ、フレッシュトマト、ドライイチジク、キュウリ、ブラックオリーブが添えられています。口に入れるとチーズのクリーミーさ、トマトの酸味、イチジクのプチプチとした甘味が次々と感じられますが、お互いの味を一切邪魔をしないのが不思議なおいしさです。一口で食べるにはもったいないくらいでした。

スコーンとシフォンケーキは手作りイチゴジャムとホイップで

 中段はスコーンとほうじ茶のシフォンケーキです。カップにふわふわのホイップクリームが添えられています。別皿の手作りイチゴジャムとバターを付けても相性抜群です。

 シフォンケーキはほうじ茶の香ばしい風味が豊か。甘すぎないホイップと一緒にいただくとさらに風味が増しておいしい!

1/3ページ

最終更新:4/17(水) 18:35
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事