ここから本文です

和スイーツもりだくさんの3段ハイティースタンド! 浦安ブライトンホテル東京ベイの新作アフタヌーンティーレポ

4/17(水) 11:57配信

ねとらぼ

いちごとさくらの春らんまんなスイーツ

 上段のスイーツは、いちごや桜の風味が春を感じさせてくれるプレートとなっています。見た目は完全に洋スイーツですが、なんとここにも和の香りがあるのです。

 真ん中、グラスに入っているのはゆずとショコラのクープです。ゆずとショコラという間違いない組み合わせ! ゆず風味がさわやかなムースと、カカオを感じられるショコラ、それぞれをすくって食べても混ぜて食べてもおいしく1カップで3倍楽しめます。

 左側、てんとう虫がかわいいさくらモンブラン。タルト生地にホワイトチョコムース、さくら色のモンブランクリームにちょこんと止まったてんとう虫のチョコは、まるで満開の桜の山の風景そのもの。ブッフェレストランカシュカシュのデザートコーナーでも食べることができますが、こっちの方が見た目かわいい!

 手前の定番いちごショートは上品な生クリームがケーキの王者の貫禄をみせてくれます。このタイプのショートケーキって実は日本発祥のスタイルなのである意味和スイーツといえるのでは…?

 その隣は、2層のチーズがぜいたくなガトーフロマージュです。チーズのムースとニューヨークチーズの食感と味に差のある2つのチーズが混ざりあって口の中はまさにチーズの天国……! クッキー生地がチーズのうまみを引き立ててくれます。このガトーフロマージュはロビーに併設されているスイーツショップ「レーンズ」でカットケーキとして購入できます。気に入ったら自宅や客室で楽しめるのもうれしいですね。

荘厳さ漂う気品ある和プレート

 金紙に折り鶴、それぞれのスイーツが凜と佇む和プレートが今回のアフタヌーンティーの主役です。それぞれが和と洋のマリアージュを体現しています。

 左側、ひときわ目立つ升は抹茶ティラミス。とろける滑らかなマスカルポーネに上には抹茶パウダーがふんだんにかけられたホワイトチョコプレートが乗っています。スプーンでパリパリと割りながらいただきます。中からはカットされた栗も顔を出し、3つの食感が混ざります。

 コロンとかわいいのは黒ゴマのマカロン。ごまの香ばしさがぎゅっとつまった濃厚なクリームがおいしい。一口で食べると「もっとゆっくり食べればよかった……!」と後悔するおいしさです。

 うらうら抹茶ロールは、惜しまれつつ販売終了した大人気メニューがリバイバル登場したもの。抹茶クリームに混ぜられている小豆がアクセントに和の風味を引き立てます。人気スイーツだったことに納得の上品なロールケーキです。

 白玉と栗のカップは濃厚な抹茶の生チョコがそれぞれセットになっています。串の形状でダントツの食べやすさですが、これも絶対に一口でいくと後悔するので、串から外して食べてもいいかもしれません。濃厚すぎるといっても過言ではない抹茶の生チョコは少しずつゆっくりたのしみたい1品です。

2/3ページ

最終更新:4/17(水) 18:35
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事