ここから本文です

政府、国宝の防火対策点検=ノートルダム、再建支援も

4/17(水) 11:37配信

時事通信

 菅義偉官房長官は17日の記者会見で、パリのノートルダム大聖堂の火災を受け、文化庁が国宝や重要文化財の防火対策などについて緊急点検に入ったことを明らかにした。

 点検結果を踏まえ、補助事業を活用するなどして防火・安全対策に万全を期す方針だ。

 菅氏は国宝などについて「わが国の歴史や文化などの正しい理解のため欠くことができない」と指摘。「歴史的文化遺産を守り、次の世代にしっかりと継承してもらいたい」と強調した。文化財保護法に基づき、既に消火設備の整備や耐震補強を支援している例があることも説明した。

 また、ノートルダム大聖堂の再建に関し、「フランス側とのやりとりの中で具体的な要請があれば、その内容に即して検討し、積極的に対応していきたい」と述べた。 

最終更新:4/17(水) 18:02
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事