ここから本文です

鴻海の郭会長、台湾総統選出馬を表明 「平和・安定・経済」重視

4/17(水) 13:18配信

ロイター

[台北 17日 ロイター] - 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>の郭台銘(テリー・ゴウ)会長は17日、2020年1月の台湾総統選挙に出馬すると正式に表明した。対中融和路線の野党・国民党の予備選挙に参加する。

郭氏はこれに先立ち、自身が生まれ育った新北市板橋にある寺院「慈恵宮」で、100人超の群衆を前に、この寺院に祭られる台湾で有名な海の女神「媽祖」が2日前に夢に現れ、立候補するよう告げられたと語った。

「媽祖は私に『苦しむ人々のために良い行いをし、若者に希望を与え、台湾海峡の平和に貢献すべきだ』と語りかけた」と説明し、その指示に従うと表明した。

郭氏はその後、台北の国民党本部で「平和、安定、(台湾の)経済の将来が私の基本的価値観だ」と述べた。

その上で同党に対し、国民党の精神、国民党員の名誉、国民党の失われた若者の支持を取り戻すよう求めた。

郭氏は16日、次の台湾総統選挙に出馬するかどうかを検討中と明らかにしていた。

鴻海は、郭氏が日常業務から身を引く予定としつつ、会長職にはとどまると説明。専門管理職チームが日常業務を担うとして、業務はこれまで通り続けられると示唆した。

郭氏の出馬正式表明を控え、同社の株価は2.1%値上がりして引けた。

蔡英文総統のシニアアドバイザーを務める姚嘉文氏はロイターに対し、郭氏に中国との幅広いビジネス上のつながりがあることを考慮すれば、同氏の出馬は問題を引き起こす可能性があると指摘。「台湾の安全保障にとって問題だ。彼(郭氏)はかなり親中国的であり、富裕層を代表している。台湾人から支持を得られるだろうか」と述べ、国民党の予備選挙で苦戦するとの見方を示した。

嶺南大学(香港)の地域安全保障アナリスト、張泊匯氏は、郭氏の出馬により台湾の歴史において最も異例の選挙戦が始まりそうだと指摘。ロイターに対し「台湾政治にとって全く新しいものだ。(郭氏は)生身の政治学やイデオロギーではなく、実業家の現実的な視点で物事を見る候補者だ。興味深いシナリオになるだろう」と語った。

*内容を追加しました。

最終更新:4/18(木) 2:52
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事