ここから本文です

【全文】歌手フィソン、タレントのエイミが共に薬物を使用したという主張を強く否定

4/17(水) 18:39配信

WoW!Korea

韓国歌手フィソン(37)側が、タレントのエイミ(36)が主張したプロポフォール使用疑惑について「事実ではない」と否定した。

フィソンのプロフィールと写真

 フィソンの所属事務所REALSLOW COMPANYは17日、公式資料を通じて「16日にSNSでフィソンに関して浮上した疑惑は事実ではないことをはっきりと申し上げる」と明らかにした。

 一方、エイミは16日に自身のSNSで過去にソウルメイトのような存在だった“芸能人A君”について語った。自身がプロポフォール私用で警察の調べを受けた時、“芸能人A君”と共に使用した事実を明かすことが恐ろしく、性的暴行の写真や動画の撮影謀議を計画したと主張。また録取書を確認したとも明らかにしていた。

 しかし「全てプロポフォールはA君と共に使用した。ゾルピデムも同じだった。輪退社今私が犯した罪で今も赦しを請い、まだ罰を受けていると思っている」と述べた。


 以下、フィソンの所属事務所の公式立場全文。


こんにちは。フィソンの所属事務所REALSLOW COMPANYです。

16日にSNSでフィソンに関して浮上した疑惑は事実ではないことをはっきりと申し上げます。フィソンは断固としてそのような事実はなく、もし相手が主張するように録取書があるならば、それに伴う相応の処罰を受けます。

またフィソンは2013年の軍服務当時のプロポフォール使用容疑について、すでに嫌疑なしの処分がなされています。当時、軍検察で強度の高い調査を受け、病院で治療目的による医師の処方が正常になされた事実が証明され、容疑が晴れたことを改めて申し上げます。その後、睡眠剤の服用に関しても調べを受けましたが、これも起訴猶予処分となりました。

事実ではないという立場を明らかにすることだけでも、当事者には大きな苦痛であり、これに立場を伝えるまでつらい決定をしたことをお伝えします。過去のことによって改めてご迷惑をおかけして申し訳ありません。

最終更新:4/17(水) 18:40
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事