ここから本文です

【神戸】リージョ監督と契約解除。後任に前監督の吉田氏

4/17(水) 11:33配信

スポーツ報知

 J1の神戸は17日、フアンマヌエル・リージョ監督(53)との契約を解除したことを発表した。クラブによると、リージョ氏からの意向を受け、同日付けで契約の解除に合意した。イニーゴヘッドコーチ(40)、ホルヘアシスタントコーチ(43)も契約解除となった。

【写真】三木谷会長と握手を交わすフアンマヌエル・リージョ監督

 リージョ氏はスペインではポゼッションサッカーの先駆者として知られ、現在マンチェスターCを指揮し、かつてバルセロナも率いた世界屈指の名将・ジョゼップ・グアルディオラ(48)が師匠と仰ぐ世界的戦術家でもある。昨年9月に神戸の監督に就任。今季は元スペイン代表FWダビド・ビジャ(37)に元同代表MFアンドレス・イニエスタ(34)、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)の“VIP”トリオを擁し一時は4位まで順位を上げたが、前節の広島戦(14日)では4失点で大敗し今季初の2連敗。順位を10位にまで落としていた。

 新監督には、リージョ氏の前に指揮を執っていた吉田孝行氏(42)が就任。昨季の監督交代以降は強化部に所属していた。

最終更新:4/17(水) 12:51
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事