ここから本文です

9団体がd-倉庫で「日本国憲法」を上演、劇作家シリーズ第9弾

4/17(水) 14:51配信

ステージナタリー

「『日本国憲法』を上演する」が、4月30日から5月13日まで東京・d-倉庫で開催される。

【写真】現代劇作家シリーズ第9弾「『日本国憲法』を上演する」チラシ裏(メディアギャラリー他1件)

これは、ベルトルト・ブレヒトや寺山修司、サミュエル・ベケットなどの作品を取り上げて上演してきた「現代劇作家シリーズ」の第9弾。今回の公演には、日本国憲法のテキストを題材とした演劇やダンス作品が集結する。

参加団体には、加藤航平と八谷しほ、身体思考、Ammo、ノアノオモチャバコ、石川雷太 a.k.a. Erehwon、Super D、bug-depayse、IDIOT SAVANT theater company、中野坂上デーモンズの憂鬱が名を連ねた。なお5月12日には、劇評家・藤原央登が司会を務めるシンポジウムが実施される。

■ 現代劇作家シリーズ第9弾「『日本国憲法』を上演する」
2019年4月30日(火・祝)~5月13日(月)
東京都 d-倉庫

□ 参加団体
4月30日(火)、5月1日(水・祝)
加藤航平と八谷しほ、身体思考

5月3日(金・祝)~5日(日・祝)
Ammo、ノアノオモチャバコ

5月6日(月・振休)
石川雷太 a.k.a. Erehwon

5月8日(水)・9日(木)
Super D、bug-depayse

5月11日(土)~13日(月)
IDIOT SAVANT theater company、中野坂上デーモンズの憂鬱

最終更新:4/17(水) 14:51
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事