ここから本文です

鈴木おさむ氏、事実婚は「言葉が良くない」と見解…新たな呼び名を提案「自由婚」「フリー婚」

4/17(水) 12:49配信

スポーツ報知

 お笑いトリオ「森三中」大島美幸(39)の夫で放送作家の鈴木おさむ氏(46)が17日、自身のブログを更新。婚姻届を提出しない「事実婚」について私見をつづった。

【写真】事実婚した大物俳優の娘

 この日朝のNHK「あさイチ」(月~金曜・前8時15分)にゲスト出演した鈴木氏。番組では「平成から令和へ 夫婦のカタチ」として「事実婚」「週末婚」「専業主夫」という形を選んだ3組の夫婦を紹介した。

 鈴木氏は放送後に「事実婚??」とのタイトルで記事をアップし、「うちも交際0日で結婚してるので、普通とは違うのですが。特に。事実婚というものに対して。自分の中で100%理解できてない部分があって」と改めて思いを吐露。

 「だけど、実際に事実婚している夫婦のVTRを見て。お互い離婚経験のある夫婦で、結婚と言うもので傷ついたからこその、事実婚という形で。ただ、その中でも、一緒に生活している中で、細かいルールを作っているので、逆にそっちの方が心のつながりが出てくるという話になってました」と振り返った。

 その上で「ただ、僕は『事実婚』って言葉が、あまり良くないんじゃないかと思ったりして。事実婚って言葉がなんか先に言い訳しているみたいで」と見解。「自由婚とかフリー婚とかのほうがいいんじゃないかなと。そんなことを思いました」とつづった。

 このネーミングには「自由婚、フリー婚の呼び名 いいですね!」「自由婚!そうよ…事実婚ってさ…イケてないわ~」「自由婚と呼ぶという提案は良いかもと思った」とネット上で共感の声が上がっていた。

最終更新:4/17(水) 13:58
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事