ここから本文です

スペイン総選挙、与党社会労働党がリード 過半数には届かず=世論調査

4/17(水) 17:43配信

ロイター

[マドリード 17日 ロイター] - 4月28日に実施されるスペイン総選挙(定数350)について、世論調査では、サンチェス首相率いる社会労働党がリードを保つものの、急進左派のポデモスと連携しても過半数の議席は獲得できない情勢となっている。

GAD3の最新調査によると、社会労働党の予想獲得議席数は136─139議席で、前回調査(137─139議席)とほぼ変わらず。

ポデモスの予想獲得議席数は28─32議席で、これを足しても過半数の176議席には届かない。

保守派の国民党(PP)が82─86議席、市場寄りの中道右派シウダダノスは最大41議席の獲得が予想されている。極右のボックス(VOX)は30─34議席と、前回調査(25─29議席)を上回り、支持を伸ばしていることをうかがわせる。

最終更新:4/17(水) 17:48
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ