ここから本文です

東十条に台湾ビストロ「台湾CHA苑」 「本場の味」提供 /東京

4/17(水) 20:46配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 台湾ビストロ「台湾CHA苑」(北区東十条4、TEL 03-6903-2889)が4月17日、東十条駅近くにオープンした。(赤羽経済新聞)

タピオカミルクティーを手にする店主の胡さん(右)とスタッフ

 店主は、台湾出身の胡永郁(コ エイイク)さん。席数はテーブル席7席、カウンター席2席。カウンター席は立食スタイルで5人まで対応する。

 オープン当日は、ランチを楽しむ人やテークアウトでタピオカミルクティーを注文する人でにぎわった。胡さんは「ホームパーティーなどで食事をしながら、わいわい楽しめるにぎやかな雰囲気が好きで、自分の店をもつ事を考えていた。店も人が集まる、にぎやかな場所にしたい」と意欲を見せる。

 ランチメニューは、胡さんお薦めの「魯肉飯(ルーローハン)・パイグスースープセット」「鶏肉飯(チーローハン)・パイグスースープセット」のほか「パイグス―麺・魯肉飯または鶏肉飯のセット」(以上800円)、「豚角煮丼・水餃子(5個)セット」(900円)を用意する(以上、小鉢付き)。テークアウトにも対応する。

 ドリンクメニューは、「タピオカミルクティー」「タピオカミルクグリーン」(以上430円)、「台湾紅茶」「台湾ジャスミン」(以上320円)、「台湾黒糖ラッテ」「抹茶あずき」(以上520円)など。14時以降は単品フードメニューとアルコールも提供する。

 胡さんは「台湾に駐在経験のある友人が私の料理を『本場の味で懐かしい』と言って喜んでくれる。幅広い層の人に台湾の味を知ってもらいたい。近所の人やお子さまにも足を運んでいただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時30分~22時30分(ランチタイムは11時30分~14時)。

みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事