ここから本文です

乃木坂46が「ファンタ坂学園」に入学!“変顔ボトル”使った演技対決に笑顔弾ける

4/17(水) 16:51配信

音楽ナタリー

乃木坂46と炭酸飲料「ファンタ」によるコラボレーションキャンペーン「ファンタ坂学園」が4月22日にスタート。本日4月17日に東京・ラフォーレミュージアム原宿で行われた「『ファンタ坂学園』入学式」に秋元真夏、生田絵梨花、齋藤飛鳥、山下美月、与田祐希が登壇した。

【写真】乃木坂46メンバーが登壇した「『ファンタ坂学園』入学式」の様子。(メディアギャラリー他49件)

日本コカ・コーラは、乃木坂46メンバーの顔写真と全46種類の“変顔“がデザインされた「『ファンタ』ハジける変顔ボトル」を4月22日に発売。翌23日からは彼女たちが「ファンタ坂学園」を舞台に学校生活を送るテレビCM「ファンタ坂学園 変顔ボトル編」が放送される。

本日の“入学式”では、生田が「子供の頃から誕生日会とか開くと必ずファンタがあって。なじみのある飲みものだったので、こうして関わることができてわくわくしています」とキャンペーンが始まることへの喜びをコメント。秋元は本日開設された「ファンタ坂学園」のInstagram公式アカウント(@fantazaka_gakuen)について、「ファンタには弾けていて楽しい印象があって、私たちもその雰囲気に合わせてわちゃわちゃした写真を撮らせてもらったので、たくさんの人に見てもらいたいと思います」とアピールした。

3月の肌寒い日にノースリーブの衣装で臨んだというCM撮影の話題では、齋藤が「みんなで学生生活を送っている気持ちになって楽しかったです」と振り返り、秋元は「弾けた感じを出したかったので盛り上げてたんですけど、カイロを貼っていました」と告白。「ファンタ坂学園」というフレーズをうまく言えなかったという山下は、「このときは寒かったのでろれつが回らなくて。でも、今は全然言えます」と自信満々な顔で改めてチャレンジするも、「ふぁんたざがくえん!」と思い切り噛んでいた。また撮影中にNGを出してしまった生田は「飛鳥先輩に小突かれましたね(笑)」と笑いながら反省し、与田はCMの中で披露した変顔について「最初はちょっと恥ずかしかったんですけど、監督さんがノリノリだったので楽しくできました」と語った。

その後、5人はそれぞれのキャラクターに合った変顔ボトルを順に選んでいく。与田のセレクトにより、目を見開いたイラストのボトルを顔にかざした齋藤は、メンバーの「ずっとそれでいてほしい!」という要望に「なんでだよ!」とツッコミを返し、山下に涙を流している少女マンガ風の変顔ボトルを渡された生田は「今度、このボトルを掲げて歌ってみたいです(笑)」と冗談を飛ばす。そんな中、秋元は猫の顔が描かれた変顔ボトルを自ら選び、CMで与田が「ニャン!」という言葉と共に披露している猫のポーズを張り切ってモノマネ。それを見た生田は「与田ちゃんのほうがかわいいなあ……」と漏らしていた。

続いてInstagramに投稿する写真をステージ上で撮影した5人は、「ファンタ」をイメージした衣装を着たメイプル超合金によるジャッジのもと、3組に分かれて“クラス対抗変顔対決”に挑戦。齋藤と与田のグレープ組は「新学期、となりの席になった子と仲よくなりたいとき」、生田と山下のオレンジ組は「ちょっと声をかけづらいクラスのマドンナに話しかけたいとき」、レモン組の秋元は安藤なつとコンビを組んで「中学校時代の同級生と偶然再会したとき」というテーマに沿い、机と椅子に座って変顔ボトルを活用した演技を披露した。グレープとオレンジの2組がそれぞれ照れつつもかわいらしい芝居を見せる中、結果は会場に微妙な空気を漂わせたレモン組の勝利に終わり、カズレーザーは「(安藤に)こんだけ足を引っ張られたのに、うまい具合にできたのは素晴らしいですよ」と秋元を称賛。齋藤は「ただ見た目がファンタグレープなだけなのに」とパープルの衣装に身を包んだ安藤に対する不満を述べ、会場の笑いを誘った。

イベントの最後には齋藤が「新学期にピッタリなので学生の皆さんにもマネしてもらいたいです」と変顔ボトルをアピールしたほか、秋元が「4期生とコミュニケーションを取るときに、変顔ボトルがあったら話のネタになって盛り上がるんじゃないかなと思うので、みんなで活用していきたいと思います」と語って「『ファンタ坂学園』入学式」を締めくくった。

最終更新:4/17(水) 16:51
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事