ここから本文です

ファミレスのココスが年初来安値 業績下方修正と株主優待休止のダブルパンチ

4/17(水) 15:55配信

ねとらぼ

 2019年4月17日の株式市場で、ファミリーレストランを展開するココスジャパン(東証JASDAQ)が続落。年初来安値を更新し、前日から95円安(-5.47%)の1643円で取引を終えました。

【一気に下落したココスジャパンの株価推移】

 15日に2019年3月期の業績予想を大幅に下方修正すると発表。人件費上昇などが響き、最終利益を従来予想から約4億円減の2億8700万円に引き下げました。前期(8億5400万円)と比べても大幅な減益になります。同時に、こうした経営状況を受けて、株主優待制度を当面休止すると決定。100株以上200株未満の株主の場合、ゼンショーグループのお食事優待券1000円分と飲食代金5%引きカードを贈るといった内容でした。

 業績の悪化に加え、実質的な利回りを下げることになる株主優待の休止に投資家は失望。16日のココスジャパンの株価はストップ安(値幅制限の下限)まで売り込まれていました。17日にも続落したことで、下方修正の発表前から株価は27%も下落した計算になります。

 17日は、同じゼンショーグループで、パスタ専門ファミリーレストランのジョリーパスタ(東証2部)も、特に何も発表していない中、ココスにつられる形で下落しています(ジョリーパスタは18年10月の時点では業績見通しを上方修正しています)。親会社のゼンショーホールディングスも続落しました。

 またこの日は、ステーキ店を展開するブロンコビリー(東証1部)が、前日に通期業績の減益見通しを発表したことで急落。年初来安値を更新し、259円安の2356円と、約10%下げて取引を終了しています。吉野家ホールディングスが6年ぶりに通期で最終赤字に転落するなど、外食企業に厳しい春になっているようです。

ねとらぼ

最終更新:4/17(水) 15:55
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事