ここから本文です

イタリア経済、年初に明るい兆し=トリア経財相

4/17(水) 18:32配信

ロイター

[ローマ 17日 ロイター] - イタリアのトリア経済・財務相は17日、議会で、1─2月は経済に明るい兆しが見られたと述べた。トリア経財相は、政府が予想する今年の成長率(0.2%)について、年前半に経済が若干回復し、その後回復が加速するとの見通しを反映していると説明した。

イタリアは、昨年第3、第4・四半期に0.1%のマイナス成長となり、景気後退に陥った。

トリア経財相は、2020年度予算案に、政府が先週承認した経済財政文書「DEF」で設定した目標に則り、所得税減税を目指す改革を盛り込む方針をあらためて示した。

DEFでは、今年の財政赤字の対国内総生産(GDP)比率目標を2.4%とし、昨年12月時点の2.04%から引き上げた。

トリア氏は、イタリア国債の金利は依然として高過ぎると指摘し、政府は利払い予想を下方修正することを望んでいると述べた。

最終更新:4/17(水) 18:32
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事