ここから本文です

キングズベスト死す 10年ダービー馬エイシンフラッシュの父

4/17(水) 14:04配信

スポーツ報知

 キングズベストが、せん痛(腹痛)による合併症で4月16日に死んだことが繋養(けいよう)先のダーレーのホームページで発表された。

 22歳の牡馬。種牡馬としては10年の日本ダービー、12年の天皇賞・秋を制したエイシンフラッシュ、10年に英国ダービー、凱旋門賞を勝ったワークフォースを送り出した。01年に種牡馬入りし、13年から日本で供用。今年はじめに種牡馬を引退していた。現役時代は英2000ギニー・G1制覇など6戦3勝。

最終更新:4/17(水) 14:29
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事