ここから本文です

イタリア、VAT増税回避策を検討へ=トリア経財相

4/17(水) 19:17配信

ロイター

[ミラノ 17日 ロイター] - イタリアのトリア経済・財務相は17日、財政目標の達成を危うくすることなく付加価値税(VAT)引き上げを回避する代替措置を政府が検討する方針であることを明らかにした。

イタリア政府は2020年予算案で、同年に実施する予定の230億ユーロ(260億ドル)規模のVAT引き上げを回避する策を見い出さなければならない。

トリア経財相は、前週、経済財政文書「DEF」で示した財政見通しについて、経済成長が鈍化しても公的債務は完全に維持可能であることを示唆していると説明した。

DEFでは、今年の財政赤字の対国内総生産(GDP)比率目標を2.4%とし、昨年12月時点の2.04%から引き上げている。

トリア経財相はまた、銀行のバランスシートにおけるイタリア国債のリスクウエートを現行のゼロから変更することに反対する姿勢を示した。リスクウエートの変更は市場を混乱させると指摘した。

EUでは一時、域内国債のリスクウエートに国によって違いを設けるという案が持ち上がったが、イタリアの前政権はこれに反発していた。

最終更新:4/17(水) 19:17
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事