ここから本文です

ヒシアマゾン死す 93年阪神3歳牝馬S、94年エリザベス女王杯とG1を2勝

4/17(水) 16:04配信

デイリースポーツ

 1994年エリザベス女王杯などG1を2勝したヒシアマゾン(牝28歳)が死んでいたことが17日、明らかになった。けい養先である米国のポロ・グリーン・ステーブルで15日に老衰のため。

【写真】引退セレモニーでヒシアマゾンの勝負服…胴上げされる中舘騎手

 同馬は93年9月に中山競馬場でデビュー。同年12月の阪神3歳牝馬S(現在の阪神JF)でG1初制覇。当時は外国産馬はクラシックに参戦できず、94年にはデイリー杯クイーンCから重賞6連勝でエリザベス女王杯を制覇。2つ目のG1タイトルを獲得した。続く有馬記念ではナリタブライアンの2着に好走。96年12月の有馬記念5着がラストランとなった。

 通算成績は20戦10勝。重賞は93年阪神3歳牝馬S、94年エリザベス女王杯など9勝。獲得賞金は6億9894万8000円。

 20戦中18戦でコンビで組んだ中舘英二調教師「非常に残念です。まだ騎手だったときに、引退したあと一度だけアメリカに会いに行きました。生まれ故郷で余生をゆっくり過ごせたのは良かったと思います。騎手として知名度を上げてもらったし、調教師としてやっていけるのもあの馬のおかげです。ヒシアマゾンの孫(父ディープインパクト、母ヒシラストレディの牝馬)が来年、うちの厩舎に入る予定です。一番思い出に残っているのは、94年のクリスタルカップ。乗っていてドキドキしたのはあのレースだけでした。感謝しかないですね」

 阿部雅英氏(同馬のオーナー・阿部雅一郎氏の息子)「日が沈みかけ、薄暗くなった放牧地で静かに息を引き取ったという報告を受けました。たくさんのファンに愛された幸せな馬だったと思います。彼女の娘を繁殖牝馬として所有していますが、彼女の名前を思い出させるような馬を、ターフで走らせることが使命だと感じています」

最終更新:4/17(水) 16:44
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事