ここから本文です

森喜朗氏、ラグビー協会名誉会長を辞任

4/17(水) 23:20配信

毎日新聞

 日本ラグビー協会の名誉会長で元首相の森喜朗氏(81)が17日、名誉会長職を辞任した。東京都内で開かれた理事会に出席して辞任する意向を表明し、了承された。関係者によると、森氏は詳しい理由を述べなかったが、9月20日に開幕するワールドカップ(W杯)日本大会について「私が誘致した大会なので最後まで協力したい」と語ったという。

 出席者によると、森氏は体調面の不安を一因に挙げつつ、若手の起用を訴えたという。6月の役員改選を前に、協会に若返りを求めた格好となった。

 森氏は2005年に日本協会会長に就任し、W杯日本大会の招致に尽力した。14年に20年東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長に就任。15年には5期務めたラグビー協会の会長を退任し、名誉会長となった。【大谷津統一】

最終更新:4/17(水) 23:34
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事