ここから本文です

青空広がり6月下旬並みの陽気(青森県)

4/17(水) 11:47配信

青森放送

Radio Aomori Broadcasting(RAB)

高気圧に覆われた17日の県内は、各地で初夏を思わせる陽気となっており、6月下旬並みまで暖かくなる見通しです。

★内山匠 記者
「歩くだけで汗ばむ陽気の青森市です。こちらではソメイヨシノが咲き始め、いよいよ春がやってきました」
日本の東にある高気圧の影響で、県内は全域で青空が広がり初夏を思わせる陽気となっています。
午前11時現在の各地の気温は、三沢市で22℃、青森市で21.4℃、八戸市で21.2℃などとなっています。
青森市の合浦公園では十月桜が咲き始め、市民が暖かな陽射しに心を和ませていました。
気象台によりますと日中の最高気温は青森市が23℃、弘前市と八戸市で22℃などと、各地で6月下旬並まで上がると予想されています。

最終更新:4/17(水) 11:47
青森放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事