ここから本文です

首相要請で一括規制緩和=スーパーシティ法案了承-特区会議

4/17(水) 17:04配信

時事通信

 政府は17日、国家戦略特区諮問会議を首相官邸で開き、人工知能(AI)やビッグデータなどの先端技術を活用した都市「スーパーシティ」構想の実現に向けた国家戦略特区法改正案の概要を了承した。

 自治体の求めに応じ、国の規制を緩和する特例措置を一括して講じられるよう、首相が各省庁に要請するのが柱。大型連休前後の国会提出を目指す。

 構想は、さまざまなデータを連携させて、車の自動運転やキャッシュレス決済、ドローン(小型無人機)による物流などを分野横断的にまちづくりに導入するもの。希望する自治体は国や民間事業者とつくる区域会議で、必要な特例措置を盛り込んだ事業計画を策定し、住民合意を前提に首相へ提出。首相は各省庁に特例措置の検討を要請し、規制緩和を一体的、迅速にできるようにする。 

最終更新:4/17(水) 17:12
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事