ここから本文です

「ノートルダム大聖堂への寄付」を装った詐欺の恐れ NISCが注意喚起

4/17(水) 18:42配信

ITmedia NEWS

 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は4月17日、火災で大部分を焼失した仏・パリのノートルダム大聖堂への寄付金募集を装ったフィッシング詐欺が起こる可能性を指摘した。寄付サイトのURLや妥当性を確認せずに金銭を振り込むことは危険としている。

 火災の発生後、SNS上では寄付サイトへのリンクを貼った投稿が相次いでいる。NISCは、こうした投稿と同じように見せかけ、寄付サイトを装ったフィッシングサイトへと誘導する手口が考えられると指摘。在日フランス大使館のWebサイトに掲載されている募金先の情報を確認した上で、募金するよう注意を促している。

 フィッシング詐欺では昨年、宅配業者の不在通知を装ったSMS(ショートメッセージサービス)を送り付け、偽サイトに誘導してパスワードや個人情報を窃取する――というトラブルが目立った。NISCは「インターネットの安全・安心ハンドブック Ver4.00」の中で「こうした詐欺には、SMSやメールだけでなく、SNSのメッセージ機能などを使った攻撃も考えられる」としている。

ITmedia NEWS

最終更新:4/17(水) 18:42
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事