ここから本文です

「グリーンブック」吹替版に大塚芳忠と諏訪部順一が出演、舞台挨拶も決定

4/17(水) 18:00配信

映画ナタリー

第91回アカデミー賞で作品賞、脚本賞、助演男優賞を獲得した「グリーンブック」の日本語吹替版が、4月26日より全国公開。同作に大塚芳忠と諏訪部順一が出演することがわかった

【動画】「グリーンブック」予告編(メディアギャラリー他2件)

実話をもとにした本作は、ピーター・ファレリーが監督を務めたロードムービー。1962年、アメリカ南部へコンサートツアーに出かけた黒人ピアニストのドン・シャーリーと用心棒兼運転手の粗野な白人トニー・“リップ”・バレロンガが、道中で少しずつ互いを理解していく。

吹替版では「はじまりへの旅」のヴィゴ・モーテンセンが演じたトニーに大塚、「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ扮するドンに諏訪部が声を当てる。また、吹替版の公開記念舞台挨拶が4月27日に東京・TOHOシネマズ 日比谷にて開催。大塚と諏訪部が登壇する。チケットは4月18日11時からぴあプレリザーブで抽選販売。

なお字幕版「グリーンブック」はTOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー中だ。

■ 「グリーンブック」吹替版公開記念舞台挨拶
2019年4月27日(土)東京都 TOHOシネマズ 日比谷
17:25~17:55(15:00の回終了後)
<登壇者(予定)>
大塚芳忠 / 諏訪部順一

最終更新:4/17(水) 18:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事