ここから本文です

「魅力ある高校を」 校長会で和歌山県教育長

4/17(水) 17:00配信

紀伊民報

 本年度初の県立学校校長会が15日、和歌山市であり、4月に就任した宮崎泉県教育長が「魅力のある高校をつくってほしい」と呼び掛けた。

 宮崎教育長は3月末まで知事室長で、辞職した宮下和己氏の後任。前年度、不祥事が多かったことを挙げ「厳しくするというより、教職員や施設をとにかく把握してほしい」と呼び掛けた。特に、教職員の性格や抱えている問題などを丁寧に早く把握した上で、相談を受けるなど接する機会を増やすことを求めた。

 また、今後の学校運営について「子どもが減り、高校は飽和状態。今のままでは立ち行かなくなる。しかし、魅力のある高校をつくれば、生徒は離れていかず、県外からも入ってくる」とし、学校づくりへの積極的な取り組みを要望した。

紀伊民報

最終更新:4/17(水) 17:04
紀伊民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事