ここから本文です

「スマブラSP」Ver3.0到来 新ファイター「ジョーカー」もいいけど、無料のプレイ動画編集機能がすごすぎない?

4/17(水) 21:00配信

ねとらぼ

 任天堂は4月17日、Nintendo Switch「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」の次回アップデート「Ver.3.0」を、急きょ4月18日にリリースすると発表しました。プレイ動画の編集・投稿やステージエディットなど、大規模な機能追加が無料で行われます。

【画像で一気に見る:Ver.3.0アップデート内容】

 新機能「動画編集」では、Nintendo Switch本体に保存したプレイ動画をつなげて編集することができます。必要な部分だけ切り取ったり、BGMや字幕を追加したり、各シーンをつなぐエフェクトを設定したりと機能も充実。それにしても、豊富な公式コンテンツを自由に素材として使えるのがすごい。

 「ステージ作り」モードでは、オリジナルのステージが作成可能。タッチ操作で地形を描いたり仕掛けを設置したり、手軽に操作できます。動く足場も、移動や回転の度合いまで細かく設定可能。手前と奥でレイヤーが分かれているので、背景と戦場を別々に表現することもできます。

 制作した動画やステージは、「みんなの投稿」モードを介して、ユーザー間で共有できます。他のユーザーが作ったMiiファイターやステージを、ダウンロードしてローカルで使用することも可能。作品に「いいね」をつけたり、投稿者をフォローしたり、SNS的な機能もそろっています。

 これにあわせて、スマホ用アプリ「Nintendo Switch Online」も拡張。新サービス「スマプラス」で、ユーザーの投稿した動画やステージを閲覧できるようになります。さらに、ステージのダウンロード予約や、スピリッツセットの作成といった操作も可能。ゲームを起動していなくとも、アプリだけで一部の遊びを楽しめるわけです。

 Ver3.0は有料の追加ファイター「ジョーカー」(「ペルソナ5」主人公)も登場(602円)。原作通りにナイフと銃などで戦います。大きな特徴は独自の「反逆ゲージ」。攻撃を受けるなど苦戦するとたまっていき、一杯になるとペルソナ「アルセーヌ」が、一定時間召喚されます。

 召喚中は技全般が強化されるほか、テトラカーンやマカラカーンでカウンターをかけるなど、幅広い戦い方が可能に。なお、通常時の下必殺技「反逆ガード」での防御に成功すると、反逆ゲージはより多くたまります。

 最後の切り札「総攻撃」や勝利時の演出など、突き詰めた原作再現は見もの。「ペルソナ3」「ペルソナ4」を含む原作BGM11曲と、重要なダンジョン「メメントス」ステージまでセットで追加されます。

 ジョーカーを含む今後の新ファイター5人の使用権がまとまった、「ファイターパス」(2500円)も登場。ペルソナシリーズの「モルガナ」やクマ、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」シリーズの「テイルス」と「ナックルズ」など、Miiファイターの装飾用アイテムも各72円で販売されます。

※価格は全て税別

ねとらぼ

最終更新:4/17(水) 21:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事