ここから本文です

新宿ピカデリーのプラチナシート刷新。1,100円のトリュフ風味ポップコーンも

4/17(水) 15:13配信

Impress Watch

松竹マルチプレックスシアターズが運営するシネマコンプレックス「新宿ピカデリー」の、「プラチナシート」と「プラチナルーム」がリニューアル。1名でも楽しめるシングルシートを導入したほか、新しいソファやスピーカーなどを採用した。フードメニューも刷新され、トリュフのフレーバーで1,100円のポップコーンなど、限定メニューが楽しめる。

【この記事に関する別の画像を見る】

■新しい「プラチナシート」と「プラチナルーム」

3階スクリーン1内に併設しているラグジュアリーな鑑賞空間「プラチナシート」(1名5,000円)と「プラチナルーム」(2名30,000円)が全面リニューアルされた。

「プラチナシート」は、スクリーン1のバルコニー中央に位置し、スクリーンが目線の高さに来るように設計されたベストポジションで楽しめる。一人でも心おきなく映画を楽しめるように、新たに「シングルシート」を導入。ペアかシングルか選べるようになった。料金には、映画鑑賞代(スクリーン1上映作品)と、ウェルカムドリンク、ラウンジ利用が含まれる。

鑑賞座席はシングル/ペアともに、カッシーナ・イクスシーが松竹マルチプレックスシアターズのためにデザイン・製作したオリジナル。「Comfort×Wrapped」をコンセプトに臨場感を感じながら包まれたようなプライベート空間を演出するという。また、新しくなったラウンジでは、上映1時間前からシャンパンなどドリンクを楽しみながらくつろげる。

「プラチナルーム」はスクリーン1に設置されたプライベートルーム型のバルコニー席。今回のリニューアルにあたり、イタリア・カッシーナのソファの最高傑作のひとつとされる「マラルンガ」と専用のサラウンドスピーカーが新たに設置された。

2つあるウェイティングルームもカッシーナ・イクスシーのプロデュースでインテリアを全面リニューアル。こちらにもマラルンガが設置され、上映時間1時間前からドリンクやスイーツを楽しみながらくつろげる。

プラチナルームの料金には、2名分の映画鑑賞代(スクリーン1上映作品)、ウェルカムドリンク、ウェルカムスイーツ、ウェイティングルーム利用、駐車場最大4時間無料(1台)が含まれる。

■「季節のラグジュアリーポップコーン」などフード&ドリンク刷新

プラチナシート/ルームで注文できるフードとドリンクのメニューもリニューアル。有名店とコラボした限定メニューを用意する。「季節のラグジュアリーポップコーン(2種)」は1,100円。アメリカ・シアトル生まれの“最上級製法”で作るKuKuRuZa(ククルザ)のポップコーンが映画館に初登場。プラチナ限定の独創的なフレーバーを季節ごとに用意。第一弾は「トリュフ&ポルチーニ」と「ホワイトチェリーブロッサム」。

「プラチナドッグ グラタンチーズ」(900円)は、ドトールコーヒーと共同開発。ソフトフランスに70gのビッグソーセージ、チキングラタンソースを加え、濃厚かつマイルドな味わいのゴーダチーズをのせて焼き上げた。他にも「ボロネーゼ」や「ハッシュビーフ」などの限定プレミアムホットドッグを用意する。

「焼き菓子4個(コフレバック付)」(2,000円)は、フレンチの名店ジョエル・ロブションの本格的な焼き菓子で、持ち帰りも可能。

AV Watch,中林暁

最終更新:4/17(水) 15:13
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事