ここから本文です

うぉぉ新色に「湾岸ブルー」!?!? 「日産GT-R」2020年モデルが“あの世代”を直撃しまくり

4/17(水) 21:55配信

ねとらぼ

 日産自動車は4月17日、最上位スポーツカー「GT-R」の2020年モデル、およびGT-RとフェアレディZの生誕50周年記念モデル「50th Anniversary」を2019年6月から順次発売すると発表しました。

【画像】GT-R誕生50年記念モデル「GT-R 50th Anniversary」も特別投入

 GT-Rの最新モデルは、北米市場向けが2019年モデルとして一足先に登場。今回の日本市場向けはGT-RとフェアレディZの生誕50周年記念モデルも含めて2019年4月の発表となり、「2020年モデル」として投入します。エントリーグレードの「Pure edition」、上級な黒基調の内装とした「Black edition」、チタンマフラーなどの上位パーツやBOSEサウンドシステムを装備する「Premium edition」、600馬力までチューンされたエンジン、外装/空力パーツ、サスペンション、パワートレインともにサーキット走行向けの特別仕様とした「NISMO」の4グレードを用意します。

 2020年モデルは、これまでNISMOモデルのみに採用してきたレース向けのターボ高効率化技術「アブレダブルシール」を採用。アクセルレスポンスが“従来のNISMOモデル並み”に向上します。また、Rモード専用のアダプティブシフトコントロール(ASC)のシフトスケジュールを「よりアグレッシブ」に制御し、再加速時の駆動レスポンスの向上とより鋭いコーナー加速を実現。新たなサスペンションやブレーキセッティングとともに、ドライバーがより安心して意のままに操れるようチューニングを煮詰めました。

 新色の投入も目玉です。新たなボディーカラーに、見る角度によって表情を変える「ワンガンブルー」を用意します。表現テーマは「一瞬で駆け抜ける閃光」。青色の透明ベースに光干渉顔料を追加して実現する特殊な塗装で、見る角度や光の当たり方によって色が変化するように見えます。職人が手作りで仕上げるという青く輝くチタン製マフラーエンド、新デザインのホイールとともに、「ワンガン(湾岸)」の名は、1990年~2000年代平成初期に漫画、アニメ、雑誌、さまざまなメディアで登場し、強烈に「あこがれのGT-R」イメージが植え付けられた世代にとって、訴えてくる、くすぐられるような何かを感じるかもしれません。

 価格は、GT-R Pure editionで1063万1520円(税込、以下同。2018年モデル比でプラス40万680円)から。匠と呼ばれる熟練エンジニアが1機ずつ手作業で組み上げるというGT-R専用の3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジン「VR38DETT」は、570馬力と65.0kgf-m(637Nm)のトルクを実現。出力値は2018年モデルと同じです。

 併せて、GT-R生誕50年記念の特別モデル「GT-R 50th Anniversary」も発売します。

1/2ページ

最終更新:4/17(水) 21:55
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事