ここから本文です

うぉぉ新色に「湾岸ブルー」!?!? 「日産GT-R」2020年モデルが“あの世代”を直撃しまくり

4/17(水) 21:55配信

ねとらぼ

さらにスペシャル、サーキット向けハイパフォーマンス仕様「GT-R NISMO」

 サーキット向けの特別仕様「GT-R NISMO」は、2018年からGT3レーシングカーで使われていたターボチャージャーを採用。約20%のレスポンス向上とともに「さらに上」を目指すべくチューニングが施されました。

 2020年モデルはかなりコストを掛けた軽量化も実施します。車両重心点から遠いルーフ、エンジンフード、フロントフェンダーにカーボン素材を積極的に採用して10.5キロ減、また、新開発の専用レカロシート、世界最大級のサイズで強力なストッピングパワーを発生する高性能カーボンセラミックブレーキシステムなどによって、合計約30キロの軽量化を果たしました。

 世界トップクラスの制動性能を実現するとうたうカーボンセラミックブレーキシステムは、ブレーキローターの大径化とともに、ピストン配列を最適化した専用の高剛性キャリパーと新しい摩擦材のブレーキパッドを新規開発。サーキットにおける高G、高負荷状況での絶対的な効きの良さとともに、日常的な使用においても圧倒的な制動力と優れたコントロール性を実現するとしています。

 GT-R NISMO 2020年モデルは、2019年5月中旬から先行予約受け付けを開始します。

ねとらぼ

2/2ページ

最終更新:4/17(水) 21:55
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事