ここから本文です

ドコモが飛行船型ドローンを開発、プロペラがなく静音・安全

4/17(水) 15:19配信

Impress Watch

 NTTドコモは、プロペラを使わず、ヘリウムガスで浮く飛行船型のドローン「羽根のないドローン」を開発した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 今回開発されたドローンは、新たなドローンビジネスの創出に向けたもので、安全性の高さが特徴。ヘリウムガスが充填された風船の浮力で浮遊する飛行船型で、超音波振動モジュールが空気ポンプとして動作することで推進力を得て空中を移動する。

 超音波振動モジュールは人が触っても安全な微小な振動で、静かで安全なドローンを実現したとしている。

 ドコモでは、イベント会場やコンサートホールなど屋内で広告や道案内に活用できるとしているほか、警備ソリューションへの活用を想定。また浮遊するドローンの本体にプロジェクションマッピングを適用することで空中に映像を表示する空間演出も可能としている。

 開発された飛行船型ドローン「羽根のないドローン」の直径は最大約90cmで、飛行速度は約20cm/秒。連続飛行時間は約1~2時間。

 今回開発された飛行船型ドローンは4月27日から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2019」に出展される予定。

ケータイ Watch,太田 亮三

最終更新:4/17(水) 15:19
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事