ここから本文です

元世界王者・山中竜也さん おにぎり店を北新地にオープン 第2の人生ゴング

4/17(水) 16:16配信

スポーツ報知

 昨夏に現役を引退したプロボクシング前WBOミニマム級王者・山中竜也さん(24)が19日、大阪・北新地に自身が店主を務めるおにぎり店「おにぎり竜」をオープンする。開店に先立つ17日、同店で会見と試食会を行い、自ら現役時代に高タンパク食として食べていたイチ推しの「乱王(卵黄)醤油漬け」入りおにぎりなどを握り、報道陣らに振る舞った。「北新地で店主を任され、世界戦の前と同じぐらい緊張します。今後は、おにぎりでチャンピオンを目指します」と笑顔で宣言。米は山形産「つや姫」、有明産のりを使った全23種のおにぎりで“頂点”を目指す。

【写真】現役時代の山中竜也さん

 山中さんは昨年7月に神戸で判定負けしたビック・サルダール(フィリピン)との2度目の防衛戦後、硬膜下血腫のため病院へ緊急搬送された。幸い一命は取り留めたが、日本ボクシングコミッションの規定で現役は引退。愛きょうのある丸顔の山中さんが、真正ジムの先輩世界王者・長谷川穂積さん(38)らから「おにぎり」と呼ばれていたことから同10月、おにぎり店オープンを計画していた後援者が声を掛けてくれたという。

 飲食業界に飛び込むことを決断した山中さんは包丁の持ち方から覚えるなど研修を受け、今春のオープンにこぎつけた。「常にお客さんに来て頂ける店を目指したい。おにぎりのほか、お酒やおでんも置いてます」と“おにぎり居酒屋”であることもアピール。将来は多店舗展開も目指すという。同店は外食産業を展開する「RETOWN」、炊飯器メーカー「タイガー魔法瓶」、米穀卸メーカー「幸南食糧」がタッグを組んだ「おにぎりで向上委員会」のプロジェクト第1弾。

 「おにぎり竜」の住所は大阪市北区曽根崎新地1丁目1―16クリスタルコートビル103。TEL06・6131・7717。午後6時30分オープンで深夜2時まで。定休日は日曜、祝日。カウンター10席。テイクアウトも可能。

 ◆山中竜也(やまなか・りゅうや)1995年4月11日、大阪・堺市生まれ。24歳。ボクシング漫画「はじめの一歩」に影響を受け、小学6年から地元のボクシング教室で競技を始める。中学2年で真正ジム入り。12年6月、17歳でプロデビュー。16年11月に東洋太平洋ミニマム級王座獲得。17年8月、WBO世界同級王座奪取(防衛1)。18年7月のV2戦を最後に現役引退。通算16勝(5KO)3敗。身長162センチ。右ボクサーファイター。家族は母、弟3人、妹2人。

最終更新:4/17(水) 17:59
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事