ここから本文です

SRA OSS、PostgreSQL 10ベースのDB製品「PowerGres Plus V10」を提供

4/17(水) 16:01配信

Impress Watch

 米SRA OSS 日本支社は17日、PostgreSQLをベースにした商用データベースソフトウェアのハイエンド製品「PowerGres Plus」において、新版「同 V10」の販売を開始したと発表した。

 PowerGresは、PostgreSQLをベースにSRA OSSが開発したデータベース製品。シングル構成、レプリケーション構成、HA構成などに対応したさまざまなラインアップが提供されているが、PowerGres Plusは、富士通の協力のもと、PostgreSQLにはない機能を補完した機能的ハイエンド製品に位置付けられている。

 中でも、データベースに格納するデータやバックアップデータ、トランザクションログ、一時ファイルをAES暗号化できる透過的データ暗号化(TDE)機能が特長で、セキュリティを大幅に強化できるとのこと。またトランザクションログの二重化によって信頼性を向上させている。

 今回発表された新版では、ベースとなるPostgreSQLがPostgreSQL 10となったことで、PostgreSQL 9.5、9.6、10の機能を利用可能になった。具体的には、論理レプリケーション、宣言的テーブルパーティショニング、SCRAM認証などの機能が新たに利用できるようになっている。

 PowerGres Plus V10の価格(税別)は、1CPU版が22万8000円から、2CPU版が37万8000円から、4CPU版が67万8000円から。いずれも初年度のサポート費用が含まれている。

クラウド Watch,石井 一志

最終更新:4/17(水) 16:01
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事