ここから本文です

鴻海会長が野党予備選に出馬=総統選の公認獲得目指す-台湾

4/17(水) 18:22配信

時事通信

 【台北時事】シャープを買収した台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業トップでカリスマ経営者として知られる郭台銘会長(68)は17日、最大野党・国民党の党本部を訪れ、来年1月の総統選に出馬するため、同党の公認獲得を目指し、党内予備選に参加すると表明した。

 
 国民党員の郭氏は党本部訪問に先立ち、台北郊外の道教寺院を参拝し、「苦しんでいる庶民のために善い行いをし、台湾に平和と繁栄をもたらせとの神のお告げがあった」などと、出馬への意欲を語った。

 国民党の公認候補選びでは、朱立倫・前新北市長と、王金平・前立法院長(国会議長)が出馬を表明済みのほか、韓国瑜・高雄市長の出馬も取り沙汰されている。 

最終更新:4/18(木) 8:21
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ