ここから本文です

「超広視野角VRゴーグル」ドコモが開発。ニコニコ超会議で体験も

4/17(水) 16:01配信

Impress Watch

NTTドコモは、スマートフォンを取り付けてVR映像を体験できる「超広視野角VRゴーグル」を開発した。このVRゴーグルを活用したエンターテインメント向けサービスの提供やライセンス提供を検討していく。

【この記事に関する別の画像を見る】

スマホに取り付けるVRゴーグルで、従来型に比べて広い視野角でVRコンテンツを楽しめるのが特徴。視野の中心領域ではくっきりと、周辺部分はぼんやりと映像を見るという人間の視野特性を活用し、凸レンズの周りに高倍率の特殊な構造のレンズを配置。「あたかもその場にいるかのような没入感の高いリアルなVR映像を体験できる」という。また、スマートフォンと、アクリル樹脂のレンズ/筐体で構成するため軽量で、安価に製造可能な点もメリットとしている。

今回のVRゴーグルは、4月27日から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2019」の「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」に出展。会場内でのデモ体験を予定している。

AV Watch,中林暁

最終更新:4/17(水) 16:01
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事