ここから本文です

広島・長野が11試合ぶり安打も…初回に続き絶好機逃す

4/17(水) 18:52配信

デイリースポーツ

 「巨人-広島」(17日、リブワーク藤崎台球場)

 広島・長野久義外野手が11試合ぶりの安打を放った。

【写真】タイムリーが出ない…1回1死満塁で併殺打に倒れた広島・松山

 「6番・中堅」で6試合ぶりに先発出場。2点を追う二回先頭、巨人の先発・高橋の直球を振り抜き、中前へ痛烈にはじき返した。続く会沢も死球で無死一、二塁としたが、安部が三振。野村はバントした打球が足に当たり、これがフェアゾーンとの判定でアウトとなった。2死一、二塁で、田中広は三振に倒れた。

 初回、巨人の先発・ドラフト1位・高橋から3四球をもらい、1死満塁とした。絶好の場面で松山が打席に立ったが、まさかの遊撃ゴロ併殺打。5番が勝負強さを見せられなかった。

 二回まで無得点に終わり、25イニング連続でタイムリーなしとなった。

最終更新:4/17(水) 18:58
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/16(火) 15:00

あなたにおすすめの記事